情報公開 次世代育成支援対策推進法に基づく行動計画

次世代育成支援対策推進法に基づく学校法人 至学館 行動計画

次世代育成支援対策推進法に基づき、本学では、全ての職員にとって働きやすい環境を整備することにより、職員一人ひとりがそれぞれの仕事と家庭を両立しつつ、各自の能力を最大限に発揮できる学園として、次のように行動計画を策定し取り組んでいきます。

1 行動計画の期間

平成30年4月1日から平成33年3月31日までの3ヵ年

2 行動計画の内容

目標1

男性職員の育児参加支援のため、産後の休業・休暇(育児休業、子の看護休暇及び年次有給休暇等)を奨励し、計画期間内に男性の育児休業者1名以上を実現する
<目標達成のための対策>
○平成30年度
父親の子育て参加の必要性について、担当者が研修会・シンポジウム等に積極的に参加する等して、情報を収集する。
○平成31年度~
男性も育児休業を取得できることを周知するため、管理職を対象とした研修を実施する。

目標2

年次有給休暇の取得を推進する
<目標達成のための対策>
○平成30年度
年次有給休暇制度について理解を促進するべく、制度概要を周知する。
○平成31年度~
年次有給休暇制度に対する、世代間の意識を解消する取組を行う。

目標3

育児休業を取得する女性職員への支援体制を確立し、女性職員の育児休業取得率90%以上を維持する
<目標達成のための対策>
○平成30年度~
教職員に対する情報提供及び個別相談を継続して行う。

page
top