情報公開 動物実験について

動物実験について(動物実験委員会)

動物実験は、医学の研究活動を支える重要な手段として人類の健康・福祉の増進に計り知れない恩恵をもたらしている。
こうした動物実験は、自然科学における研究の一般原則に従い、再現性が得られるように実験の諸要件に留意しながらも、一方では動物福祉の観点から動物の生命を尊重し、動物にできる限り苦痛を与えないように措置することによって、所期の成果を期待するものでなければならない。
本規程は、「動物の愛護及び管理に関する法律の一部を改正する法律(平成
17年6月法律第68号)」、「実験動物の飼養及び保管並びに苦痛の軽減に関する基準(平成18年4月環境省告示第88号)」、および「研究機関等における動物実験等の実施に関する基本指針(平成18年6月文部科学省告示)」に基づき、「動物実験の適正な実施に向けたガイドライン」(平成18年6月日本学術会議)を踏まえて、本学では、平成20年10月1日に動物実験委員会の設置および動物実験等の実施に関する基本指針(「動物実験規程」)を制定し、同日より施行している。

(公私動協:機関内規程より抜粋)

手続き書類〔申請書、報告書等〕

page
top