情報公開 公的研究費等の不正使用防止

公的研究費等の不正使用防止に向けた取り組みについて

至学館大学・同短期大学部
理事長・学長
谷岡 郁子

至学館大学(大学院を含む)及び至学館大学短期大学部では、文部科学省の「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(平成26年8月26日文部科学大臣決定、以下、「ガイドライン」)に則り、研究倫理指針、行動規範等を定めるとともに、公的研究費等に関する運営・管理の責任体制を整備しています。
また、公的研究費等を適正に使用し、研究者が研究費を有効に活用して円滑に研究を進めるための規程、不正使用防止計画の整備、相談・通報窓口の設置を行うとともに教職員への理解、周知を徹底することにより、研究費の不正使用防止に取り組み、一層のコンプライアンスの向上に努めています。

本学に於ける不正防止のための指針、管理・運営体制、規程等

【指針等】
【管理・運営体制等】
【規程等】
【相談・通報窓口】

研究倫理教育研修会の開催について

ガイドラインに則り、本学に於いて研究活動に関わる教職員、並びに学生に対する定期的な倫理教育を実施しています。

研究倫理教育教材
学内教職員への対応

学内の全ての研究者並びに公的研究費に関する業務を取り扱う職員は、上記教材「科学の健全な発展のために-誠実な科学者の心得-」を読了後、あるいは「CITI-Japan on スクリーンeラーニング講座」を受講の上、以下の倫理教育研修修了報告書を経営管理局総務課に提出することが義務付けられています。
また、公的研究費を利用する研究者並びに関連する業務に携わる職員は、公的研究費等の使用に関する誓約書を情報センター室に提出することが義務付けられています。

研究倫理教育研修会の開催と研修修了報告

〇 開催日:平成29年4月13日
〔研修目的〕
・至学館大学及び至学館大学短期大学部研究活動上の不正行為の防止等に関する規程の改正点
・学生向けの倫理教育に関する指導事項
・卒業研究の取扱いに関する留意事項

お取引業者への対応

公的研究費を利用したお取引をお願いする業者の皆様には、不正使用防止に向けた取り組みの趣旨をご理解いただき、以下の誓約書の提出を求めています。
【不正があった場合は、「至学館大学における物品購入等契約に係る取引停止等の取扱基準」に基づき、一定期間取引を停止します。】

参考リンク集

関連HP
教材
page
top