専攻科(アスレティックトレーナー専攻) 教育方針(3つのポリシー)

アドミッションポリシー(入学者受入方針)

至学館大学短期大学部アスレティックトレーナー専攻科は、『豊かな人間性とともに、アスレティックトレーナーに関する高度な専門知識と実践力を身につけ、人々の健康実現に寄与・貢献できる人間力の育成』を教育目標としている。
本専攻科では、アスリートをサポートするアスレティックトレーナーを養成
するために、スポーツトレーニングやリハビリテーション等に関する高度な専門知識と専門技術の習得に重点を置いた教育を展開している。
そのため、本専攻科では、強い目的意識のもとに次のような志のある人を求めている。

1 リハビリテーション、マッサージ、テーピング、アイシング等に関する科学的な専門知識と技能を身につけたアスレティックトレーナーを目指したい。
2 身体の構造・機能とともにスポーツ医学に関する専門的な知識を身につけたアスレティックトレーナーを目指したい。

本専攻科で学ぶにあたっては、本学短期大学部体育学科において開設されているアスレティックトレーナー養成関連の単位を修得しているとともに、 豊富なトレーナー活動を経験していることが望ましい。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施方針)

専攻科のカリキュラムは、教育目標並びにディプロマ・ポリシー(修了認定方針)を具現化するために、
講義・演習科目と実習科目を組み合わせて体系的に編成する。

講義・演習科目

アスレティックトレーナーに関する以下のような専門知識を身につけるための講義・演習科目を設置する。

  • 競技復帰のためのリハビリテーションに関する科学的な専門知識と技能を身につけるための科目。
  • アスリートのパフォーマンスを向上させるための科学的な専門知識を身につけるための科目。
  • 体力測定・評価とコンディショニングに関する専門的な知識を身につけるための科目。
  • 身体の構造・機能とスポーツ傷害に関する専門的な知識を身につけるための科目。

実習科目

マッサージ、テーピング、アイシング等に関する以下のような技能を身につけるための実習系科目を設置する。

  • アスレティックリハビリテーションとコンディショニングに関する技能を身につけるための科目。
  • アスレティックトレーナーに関する実践力を身につけるための科目。

ディプロマ・ポリシー(学位授与方針)

専攻科では、上記の教育目標を達成するために、専攻科が定める所定の単位を修得し、
以下の能力を身につけた学生に対して修了証書を授与する。

1 リハビリテーションに関する科学的な専門知識と技能を身につけ、アスレティックトレーナーとして活用することができる。
2 身体の構造・機能とともにスポーツ医学に関する専門的な知識を身につけ、アスレティックトレーナーとして活用することができる。
3 体力測定・評価に関する専門的な知識とともに実践力を身につけ、アスリートのコンディショニング指導に活用することができる。
4 マッサージ、テーピング、アイシング等の技能を身につけ、アスレティックトレーナーとして活用することができる。
page
top