会則

(名称)
第1条
本会は、至学館大学同窓会と称する。
(事務局)
第2条
本会は、事務局を至学館大学内におく。(愛知県大府市横根町名高山55)
(支部)
第3条
本会は、各都道府県に支部をおくことができる。
(目的)
第4条
本会は、会員相互の親睦を図り、母校の発展に寄与する事を目的とする。
(事業)
第5条

本会は、前条の目的を達成するために次の各号に掲げる事業を行う。

  • (1)総会の開催
  • (2)会報の発行
  • (3)会員の表彰及び会員活動の助成
  • (4)会員との日常の連絡及び交流
  • (5)学校法人至学館の発展にかかわる事業への助成
  • (6)その他、本会の目的を達成するために必要な事項
(組織)
第6条

本会は、次の各号に定める会員を以て組織する。

  • (1)正会員
    • ア 中京女子大学大学院、中京女子大学及び中京女子大学短期大学部(中京高等女学校家事体操専攻科・中京高等女学校家事裁縫専攻科を始め、本学の前身と認められる学科を含む)の卒業又は修了した者並びにそれと同等と認められる者
    • イ 至学館大学及び至学館大学短期大学部の卒業生
    • ウ 至学館大学大学院の修了生
  • (2)準会員  
    至学館大学及び至学館大学短期大学部に在籍中の者
  • (3)特別会員 
    至学館大学及び至学館大学短期大学部に勤務する教職員及びその退職者
(役員)
第7条

本会に、次の各号に定める役員をおく。

(1)会長
1名
(2)副会長
若干名
(3)会計
若干名
(4)書記
若干名
(5)会計監査
2名
(6)顧問
若干名
(7)支部長
各支部より1名
(8)学年幹事
各学科より2名
(役員の任期)
第8条
役員の任期は2年とする。ただし、再任を妨げない。
2
欠員により補充した役員の任期は、前任者の残任期間とする。
3
役員は任期満了後でも、後任者が選出されるまでは、なおその職責を負う。
(役員の選出)
第9条

役員の選出は次の各号の方法による。

  • (1)会長・副会長は会員の中から互選し、総会の承認を得るものとする。
  • (2)会計・書記・会計監査は会員の中から互選し、会長がこれを委嘱する。
  • (3)顧問は前会長であった者及び本会の活動に功労があった者の中から会長が委嘱する。
  • (4)支部長は各支部の会員の中から推薦により互選し、会長がこれを委嘱する。
  • (5)学年幹事は各学科の中から推薦により選出し、会長がこれを委嘱する。
(役員の任務)
第10条

本会の役員の任務は次の各号のとおりとする。

  • (1)会長は本会を代表し、会務を総轄する。
  • (2)副会長は会長を補佐し、会長に事故があるときはその任務を代行する。
  • (3)会計は出納に関する事務を行う。
  • (4)書記は会議の記録及び事務を行う。
  • (5)会計監査は出納に関する監査を行う。
  • (6)顧問は重要事項に関し、会長の諮問に応ずる。
  • (7)支部長は支部会を開き、会員の親睦を図るとともに次の事項について
    本部との連絡事務にあたる。
    • ア 規約及び役員・会員等の名簿の提出
    • イ その他必要と思われる事項
  • (8)学年幹事は各学科を代表するとともに会員の動静を把握し、本部との連絡事務にあたる。
(総会)
第11条
総会は原則として2年に1回とする。
ただし、必要に応じて臨時にこれを開催することができる。
2
総会は会長が招集し、議長は会長が委嘱する。
3

総会は次の各号に定める事項を審議する。

  • (1)事業報告並びに収支決算
  • (2)事業計画並びに収支予算
  • (3)役員の選出
  • (4)会則の変更
  • (5)その他重要事項
(役員会)
第12条
役員は原則として会長、副会長、会計、書記、会計監査で本会の企画運営方針等の決定機関となる。必要に応じて顧問、支部長、学年幹事も出席することができる。
2
役員会は、会長が招集し議長となる。
(会費)
第13条
会費は、入会金及び終身会費に区分する。
2
会員は、入学時に入会金10,000円、卒業年次に終身会費12,000円を納入するものとする。
なお、納入した会費は理由の如何にかかわらず返還しない。
3
至学館大学短期大学部から至学館大学へ編入学した場合は、至学館大学短期大学部卒業年次に終身会費を納入するものとする。
4
本学の卒業生で大学院に入学した場合は、会費の徴収は行わないが、他大学から大学院に入学した場合は、会費の徴収をするものとする。
5
特別会員からは、会費を徴収しない。
(経費)
第14条
本会の経費は会員の会費及び寄付金並びにその他の収入を以てこれに充てる。
(会計年度)
第15条
本会の会計年度は4月1日に始まり翌年3月31日までとする。
(会計報告)
第16条
本会の予算並びに決算は、原則として2年毎に総会において報告し、
その承認を得るものとする。
(会則の改廃)
第17条
本会の会則を改正または廃止しようとするときは、総会の承認を得なければならない。
2
会長はこの会則の運用について必要があると認めるときは、細則を定めることができる。
 附 則
この会則は、昭和59年9月16日から施行する。
 附 則
この会則は、平成7年10月29日から施行する。
 附 則
この会則は、平成9年10月27日から施行する。
(全面改正)
 附 則
この会則は、平成17年10月23日から施行する。ただし、平成17年10月1日から適用する。
 附 則
この会則は、平成19年10月21日から施行する。
 附 則
この会則は、平成22年4月1日から施行する。
 附 則
この会則は、平成24年4月1日から施行する。
 附 則
この会則は、平成25年11月16日から施行する。
(経過措置)
第13条における会費の改定は、平成26年度入学生から適用し、平成25年11月現在、在籍する学生の会費については、卒業年次に終身会費として12,000円のみを徴収するものとする。
 附 則
この会則は、平成29年11月25日から施行する。
(経過措置)
第15条の会計年度の改正に伴い、平成29年10月1日から平成30年3月31日までの収支予算については、平成30・31年度予算に含めて計上するものとする。なお、平成30・31年度の決算時において前記期間の収支報告を併せて行うものとする。

TOP