夢追人

記録より記憶に残る選手になりたい!

スポーツ

安藤 弘之進 さん あんどう ひろのしん
平成26年度健康科学部健康スポーツ科学科卒 / 千葉県

🍀 サーフィンとの出会い

両親がサーフィンをしていて、アマチュアの全国大会で優勝するほどの腕前だった。週末になると海に出向くのが当たり前の日常で、両親にサーフィンを教えてもらうことを楽しみにしていた。

幼少期

幼少期

小学校3年生ぐらいから、陸でも海でもいつも一緒だった友人にライバル心を抱くようになった。ある時、「負けたくない!」という思いが「プロサーファーになる!」という夢に変わり、中学・高校時代も海に通い続け、大会出場に向けて練習した。

小学生の頃

小学生の頃

🍀 必然だった「至学館大学」への進学 

高校時代は、アルバイトとサーフィンに明け暮れた生活をしていたため、父に大学進学を勧められたが、進学への意欲は持てずに3年間を過ごした。

半ば進学を諦めていた矢先、担任の加藤先生に「サーフィンを続けながら学べる大学がある。」と至学館大学を紹介された。至学館大学は、加藤先生の母校だった。また、プロサーファーの杉浦麻里衣さん(2004全日本グランドチャンピオン)の母校でもあった。そして何より、母も短期大学部体育学科の卒業生だった。母は、喧嘩も強いし体力も半端なく何よりパワフル!そんな母の母校なら間違いない

サーフィンで全国大会入賞の実績が功を奏し、至学館大学へ入学した。

おかん

おかん

🍀 大学時代の「学び」と「経験」が人生の「糧」となる!

大学時代の一番の思い出は、卒業論文のためサーフボードをプールに持ち込み飯本雄二先生とデータ分析をしたこと。飯本先生は、親身になって学生の「本気」を応援してくれる先生だった。とても感謝している。他にも大学時代に学んだことや経験が、今の人生にとても影響している。

スポーツに関する専門知識を身につけたことは、情報の選別やトレーナーの見分け方などにとても役に立っている。

身体のしくみを学んだことで、自己管理やコントロールする術を身につけることができたし、効率的なトレーニング法を組み立てることができるようになったと思う。

また、谷岡学長の「大学論」の授業は、とても印象深い。谷岡学長の持論やいろんな話題のおかげで、ポジティブに考える力を身につけることができたように思う。

4年間の「学び」と「経験」が人生の「糧」となって、今がある。

飯本ゼミ

飯本ゼミ

🍀 目標があるから頑張れる!

初めてプロテストを受けたのは19歳、合格したのは25歳の時だった。念願のプロになったものの、何もかも失いかけ途方に暮れた時もある。

自分の力でどうにもならない時は、助けてくれる人にありがたく甘えればよい。挫折から学ぶことも多かった。

試合に出ても周りにはレベルの高い選手ばかりでなかなか勝つことができない。スポンサーの期待にそえないことの方が多く、プロサーファーだけでは食べていけない。しかし、試合に出ることは嫌いではない。負けてしまっても、次の目標に向けて一生懸命に頑張る自分がいる。

目標が「生きる力」となり明日への活力につながっている。

支えてくれた家族

支えてくれた家族

プロテスト合格 谷岡学長へご報告

プロテスト合格 谷岡学長へご報告

🍀 記録より記憶に残る選手になりたい!

単に大会に出て記録を出すということだけでなく、プロとして憧れの存在でいなければいけないとも思っている。

苦戦しながらも挑戦し続ける自分に憧れてくれる次世代の子ども達からの応援が「やる気」の源になっている。

当面の目標は、シード選手になること!

生涯目標は、記録より記憶に残る選手になること!

体力が続く限り、プロサーフィーとして自分を高めていきたい。

記憶に残る選手になりたい!

記憶に残る選手になりたい!

INFORMATION

【大会記録】

《2014年》

  • NSA第32回全日本級別サーフィン選手権大会(3級) 優勝
  • NSA 愛知支部予選 メン 優勝
  • WQS 3star MURASAKI SHONAN OPEN  25位 $700 
  • ワールドランキング 375位

《2015年》

  • NSA第33回全日本級別サーフィン選手権大会(2級) 3位 ストライディング賞
  • NSA 愛知支部予選 メン 優勝
  • NSA 9thALL JAPAN SURFING GRAND CHANPION GAMES 4位
  • ワールドランキング 601位

《2016年》

  • JPSAアマチュアランキング 1位 (JPSAプロ公認資格取得)
  • ワールドランキング 511位             

※ NSA:国内アマチュア連盟 WQS:世界プロ連盟 JPSA:国内プロ連盟 

【インフォメーション】

Instagram:hironoshin_ando

Facebook安藤 弘之進

 

一覧へ戻る

TOP