夢追人

株式会社ネッコス代表取締役社長

起業・開業

井口 美寿々 (旧姓:高津) さん いぐち みすず
平成15年度健康科学部 健康スポーツ科学科卒 / 東京都
あらゆる困難を筋トレで乗り越えた女性起業家

体を動かすことが大好き!子どもたちに運動の楽しさを教えたい!

昔から体を動かすことが大好きで、子どもたちに運動の楽しさや素晴らしさを教えて一緒に体を動かしたい!という思いから入学を決めた。

野外活動の専門である平田ゼミでは、雪山で凍えそうになりながら夜な夜な語り合ったり、超ペッタンコに圧縮されたロールパンを山頂で朝日を眺めながら食べたりと、サバイバル体験をいくつも経験し、自然相手に学ぶことが多かった。

卒業後は、体操教室の先生になった。

平田ゼミ 思い出の一枚

平田ゼミ 思い出の一枚

過労死寸前!自分を変えるには「行動」しかない!

元々が頑張りすぎる性格でもあり、就職先では終電まで残業し、ほとんど寝ずに翌日の仕事に向かう毎日だった。しかし、そんな日常は長くは続かず、ある日、子どもたちや保護者の見ている前で倒れてしまい、月給2万円で退職に追い込まれてしまった。心身ともに疲れ切ってしまい、しばらくの間実家に身を寄せ、気が向いた時に就職支援サイトを覗くという、ニート状態の生活を続けていた。

そんな時、もともと趣味だったPC関係でホームページ制作の職業訓練学校があることを知った。

体操教室の先生時代

体操教室の先生時代

自分を変える!今を変えるには「行動」しかない!

3か月間、職業訓練学校に通った。エンジニアになりたいと思っていたが、少々勉強したくらいで正社員として雇ってくれる企業はなく、データ入力のアルバイトとしてEC通販事業社に入社した。当初は、アルバイトの私とわずか1名の従業員であった事業部だったが4年経って5名に増えた。

ところが、唯一の正社員が社長と喧嘩して辞めてしまうという事態が起き、私は突然の事業部長を任されることになった。 社長は不在のことが多く、月に一度くらい来社して助言する程度だった。しかし、私は事業拡大を進め、10年間で従業員を30名に増やし、売り上げを10倍に伸ばした。

「コミュニケーションを積極的に取り、チームを作り上げていくこと。」

この時、大学のゼミで学んだことや体操教室の先生時代に身につけたことがとても役に立った。一人では成し遂げられないことをチーム丸となって達成できたということ、突然の事業部長を任されたものの結果を残せたことが、私の大きな自信につながった。

結婚、出産、子育て、夫がうつ病、そして会社の危機・・・救世主はやっぱり「筋肉」!

仕事筋で爆してきた私に転機が訪れ、運よく結婚し、産休・育休で休職することになった。

「メンバーを信頼して任せよう!」という気持ちではあったものの、現場のことを熟知していない社と他のメンバーとがちゃんと事業を回していけるのか…それが気がかりだった。案の定、予想は的中し、相次いで社員が退職していった。大切な仲間を失ってしまったというショックは、計り知れないものだった。

私は産まれたばかりの娘にミルクをあげながら、社や部下と連絡を取り合うなど、⼀⽇中仕事のこと、家庭のことで全く余裕が持てずにいた。そんな最中、夫がうつ病になった。このピンチを救ってくれたのは筋肉。こんな時の救世主はやっぱり 「筋⾁」 だった‼

心と体は繋がっている!

体に元気がないと心もネガティブになっていく。

反対に、心に元気がなくても体に不調が現れる。

ただ、ボーっとしていると突如として暗い思考になってしまう。

「もう無理かも・・・なんでこんなにいの…」という葉がから出る前に、ただひたすら体を鍛えた。かつて、トライアスロンやバスケットボールなど様々なスポーツを通して感じとった「体を動かすことの心地よさ・楽しさ・嬉しさ」を体がしっかりと覚えている!運動をすることは過酷で苦しいことも多いけれど、それを乗り越えた先の楽しさを知っていたので、スポーツを通して自然とメンタル強化が出来ていたのだと思う。

とにかく、腹筋で暗い気持ちを吹きばすことができて、本当に良かった~~~!

夫も無事にうつ病を克服し、さて仕事復帰だと思っていたその矢先・・・・

子育て奮闘中

子育て奮闘中

⼀難去ってまた⼀難︕会社ってこうやって潰れるんだな…

復帰した会社は全く覇気がなくなっていて、事業の数字も幅に落ち込み、これまで共に事業拡大を図ってきた大切な仲間たちに対して、社と共に直接解雇通知を渡すことになってしまった。

解雇はどうしようもないこと……分かってはいても、今まで共に働いてきた時間や成果が全て無かったことになりそうで、この時が一番辛く、とても悔しかった。

11のスキルに共感や尊敬があって、みんなのスキルが形になるのをたかったし、みんなのスキルが好きだった。

最後まで⼀緒に働いてくれたメンバーだからこそ、出来る仕事がある!

そのメンバーだからこそ、作り上げてきた成果に価値がある!

だから、また、同じメンバーを集めて立て直してやる︕

この時、本気で心に誓った!

独りじゃない!仕事を通して社会貢献していきたい!起業というチャレンジ!

30代後半、仲間を量に引き連れて起業した。

他の起業家さんや付き合いのある会社から、「普通連れてくにしても2〜3くらいじゃない?10以上なんて…」と苦笑いされた。

私は”独りじゃなかった”からこそ、新たな挑戦が出来たと思っている。起業という高いハードルを超えられたのは、仲間の存在があってこそだと振り返ることが出来る。今の会社はホヤホヤの1年生だけれども、社員と私の付き合いは5年〜12年になる。

社員1⼈1⼈のスキルを活かして売上が最⼤化すること!

⾃社プロダクトを持つこと!

メンバーたちの個性を最大限引き出して成功したい!

株式会社ネッコス

株式会社ネッコス

私の夢はまだまだ途中…

数々の困難をそばで緒に乗り越えてくれた仲間たちとなら、叶えられると信じている。

これからも社会貢献のために⾛り続けていきたい。

【メディア出演 他】

番組名:NHK総合「マジカルクローゼット」(2020.10放送)

2020女性起業家コンテスト ファイナリスト https://www.pasonagroup.co.jp/lba/qas.html

INFORMATION

一覧へ戻る

TOP