地域への貢献 公開講座

平成30年度 公開講座開催一覧

伊達コミュニケーション研究所シンポジウム
平成30年
9月15日(土)
13:00~16:00

 第6回 日本の祭シンポジウム

  第一部 『日本の祭と神賑』

  • 講師 森田 玲氏(玲月流初代篠笛奏者)

  第二部 パネルディスカッション『祭の学生参加』

  • パネリスト 八木 透氏(佛教大学歴史学部教授)/鈴木 泰輔氏(岐阜県立吉城高校キャリア推進部長)
  • コーディネーター 石田 芳弘(伊達コミュニケーション研究所所長)
  • 主催 学校法人至学館 伊達コミュニケーション研究所/あいち山車まつり日本一協議会
  • 後援 国土交通省中部運輸局/全国山・鉾・屋台保存連合会/コミュニティ政策学会/NHK名古屋放送局/中日新聞社 
  • 場所 名古屋市 ルブラ王山(名古屋市千種区覚王山通8-18)
  • 対象 愛知県内の山車祭り関係者を中心にどなたでも
  • 受講料 無料
  • 申込 不要     

日本の祭シリーズ(伊達コミュニケーション研究所公開講座)
  • 時間 13:30~15:00
  • 対象 どなたでも
  • 受講料 無料
  • 申込 不要


「講座内容」
 21世紀の世界は一気にグローバリズムの流れが加速化し、地域固有の文化や価値が希薄化する、いわゆるアイデンティティクライシスが危惧されるようになりました。
 その潮流の中で地域の祭は地域の生態系とともにある日本の思想(信仰心)を受け継ぎ今日まで持続してきました。祭から日本人の生き方とコミュニティの復権を考えます。

平成30年
7月8日(日)
『日本の祭から学ぶ日本人の生き方』
  • 講師 石田芳弘(伊達コミュニケーション研究所所長)
  • 場所 半田市 半田市博物館
平成30年
8月5日(日)
※日程変更を致しました
『からくり人形の魅力』
  • 講師 玉屋庄兵衛(伊達コミュニケーション研究所客員研究員)
  • 場所 飛騨市 飛騨市文化交流センター
平成30年
11月11日(日)
『日本の祭から学ぶ日本人の生き方』
  • 講師 石田芳弘(伊達コミュニケーション研究所所長)
  • 場所 大府市 大府市歴史民俗資料館
平成30年
11月17日(土)
『愛知・岐阜・三重の祭を語る』
  • 講師 都築 真(伊達コミュニケーション研究所客員研究員)
  • 場所 中津川市 付知町公民館
平成30年
12月9日(日)
『宗教者から見た日本の祭の意味』
  • 講師 三輪隆裕(伊達コミュニケーション研究所客員研究員)
  • 場所 豊明市 豊明市南部公民館視聴覚室
平成30年
12月16日(日)
『文化と祭から学ぶ町づくり』
  • 講師 石田芳弘(伊達コミュニケーション研究所所長)
  • 場所 蟹江町 蟹江町中央公民館
主権者教育に関する公開討論会

 至学館大学は、平成28年2月4日、大府市と「若者の選挙啓発に関する協定」を締結して以来、全学的に主権者教育に取り組み、学内外での選挙啓発活動などを実施しています。そのような中、伊達コミュニケーション研究所は、昨年の10月に「衆院選愛知7区の立候補予定者による政見発表会」、11月に元文部科学大臣・衆議院議員の馳 浩氏を講師とした「議員立法の世界」と、2回の公開討論会を開催しました。今年度も2回ほど公開討論会を実施する予定です。日時等については現在調整中のため、本学ホームページ http://www.sgk.ac.jp/social/openclass/ 又は、地域の公民館等での掲示にてご確認ください。

犬山市民総合大学 (犬山市民総合大学 祭り文化学科)

  • 主催 犬山市 
  • 共催 学校法人至学館 伊達コミュニケーション研究所
  • 時間 10:00~11:30
  • 場所 犬山国際観光センター2階多目的研修室1・2 (犬山市松本町4-21)
  • 対象 どなたでも
  • 受講料 2,000円(3回通し)
  • 申込 要(犬山市文化スポーツ課(0568-44-0353))

「講座内容」
 犬山祭をはじめとする伝統的な祭りや世界の祭りについて、さまざまなアプローチで楽しく掘り下げていきます。
平成30年
11月10日(土)

『犬山祭に見る故郷の記憶』

  • 講師 石田芳弘(伊達コミュニケーション研究所所長)
平成30年
11月24日(土)
『犬山祭~町衆の誇り 今むかし』
  • 講師 溝口正成(伊達コミュニケーション研究所客員研究員)
平成30年
12月1日(土)
『世界の祭りと人形劇実情』
  • 講師 千田靖子(伊達コミュニケーション研究所客員研究員)
大学連携講座(名古屋市教育委員会と連携して実施する講座)

『超高齢化社会における祭の意味』

  • 主催 学校法人至学館 伊達コミュニケーション研究所
  • 共催 名古屋市教育委員会
  • 場所 名古屋市内の生涯学習センター
  • 対象 15歳以上(中学生を除く)
  • 定員 60名
  • 受講料 無料
  • 申込 申し込みは8月下旬から受け付けます。申込み方法の詳細や会場・締切日につきましては、8月下旬に発行・公開される名古屋市教育委員会生涯学習課分室の後期講座案内、生涯学習WEBナビなごや https://www.suisin.city.nagoya.jp/ をご覧ください。
  • 時間 14:00~15:30

「講座内容」
 千年持続学という研究がある。日本の伝統的な祭はたいてい千年持続してきたし、これから先も千年持続すると考えられる。祭の持つその力を探る。

第1回
平成31年
1月15日(火)

『祭とは何か』
  • 講師 三輪隆裕(伊達コミュニケーション研究所客員研究員)

第2回
平成31年
2月12日(火)

『名古屋におけるからくり文化について』
  • 講師 玉屋庄兵衛(伊達コミュニケーション研究所客員研究員)
第3回
平成31年
3月12日(火)
『愛知県下の祭について』
  • 講師 都築 真(伊達コミュニケーション研究所客員研究員)
健康科学研究所講演会
平成30年
11月1日(木)
12:40~14:10
『健康寿命を延伸する運動と栄養の役割』
  • 講師 森谷敏夫氏(京都大学 名誉教授)
  • 場所 至学館大学 1000号館 12・13講義室
  • 対象 一般の方と至学館大学の学生・教職員
  • 受講料 無料
  • 申込 不要

「講座内容」
 この特別講義では、生活習慣病(がん、認知症、糖尿病、サルコペニア、骨粗しょう症など)に対する習慣的な運動やスポーツの予防医学的役割を学ぶとともに、健康寿命の延伸を可能にする運動と栄養の役割を細胞老化マーカーのテロメア長(命のロウソク)、骨格筋電気刺激による他動的運動療法、記憶・学習を司る海馬に発現する脳由来神経栄養因子(Brain Derived Neurotrophic Factor:BDNF)などの最新運動医科学の知見をもとにわかりやすく解説する。
おおぶ元気創造大学

 大府市と協働で開催している市民大学講座
 お問合せは、大府市保健センターまで(0562-47-8000)

  • 場所 至学館大学 2001号館 N401講義室
  • 対象 一般の方と至学館大学の学生・教職員
  • 受講料 無料
  • 申込先 大府市保健センター(0562-47-8000)
平成30年
9月6日(木)
12:40~14:10
『自分のストレスの解消法』
  • 講師 笹竹英穂(至学館大学健康科学部健康スポーツ科学科教授)

    「講座内容」
     心にもやもや溜まっているストレスが一瞬で消える魔法の杖はありません。しかし、ストレスとの「付き合い方」を工夫すれば、少しは気持ちが楽になることもあります。この講座では、ストレスが体に及ぼす影響を実感し、ストレスとの「付き合い方」のいくつかを体験的に学んでいきます。簡単で楽しめる体験学習を中心に行いますので、動きやすい服装でご参加ください。
平成30年
10月18日(木)
12:40~14:10
『体づくりにおける運動と栄養の役割』
  • 講師 村上太郎(至学館大学健康科学部栄養科学科教授)

    「講座内容」
     元気に過ごすためには、ちょっと転んだくらいでは壊れることのない丈夫な体が必要です。骨や筋肉は食事に含まれる成分と自分の体が分解されてできた成分の両者からつくられますが、運動は骨や筋肉がつくられる過程を刺激してくれます。また、両者を上手に組み合わせることにより、骨や筋肉が効率よくつくられることがわかってきました。講座では骨と筋肉を上手に増やすための最新の科学についてお話しします。
健康生活設計講座(健康づくりワークショップ)
平成30年
8月4日(土)
10:00~12:30
  • 場所 至学館大学9000号館(アスリートサポートセンター)A101講義室
  • 講師 運動指導 飯本雄二(至学館大学健康科学部健康スポーツ科学科教授)他
       栄養指導 杉島有希(至学館大学健康科学部栄養科学科准教授)
  • 対象 40歳~59歳の健康な方(健康診断で異常の無い方) 定員10名先着順(実施最少人数5名)
  • 受講料 無料
  • 申込 至学館大学学務課スポーツ振興部門 (0562-46-1291)
    締切6月29日(金)17:00まで
  • その他 運動できる服装、運動シューズ、タオル、水筒、筆記用具等を持参

    「講座内容」
     この講座では、生活習慣に関する事前調査をもとに、当日の測定(体力、身体組成等)も参考にしながら、ご自分の健康生活を設計します。運動指導では、本学学生によるデモンストレーションを見ながら、一緒に運動して、各種体力づくりの具体的なトレーニング方法を学びます。また、毎日の食事で何をどの程度食べればよいか、学生スタッフと一緒に考えます。

※10月以降に予定されている公開講座の日程・内容等は変更される場合があります。

みなさまのご参加をお待ちしております。
問い合わせ先 至学館大学附属図書館 
TEL 0562-46-1239 
FAX 0562-46-3860

page
top