地域への貢献 公開講座

平成29年度 公開講座開催一覧

伊達コミュニケーション研究所主催「公開講座」
11月25日(土)
13:00~14:30
『議員立法の世界』
  • 講師 馳 浩(元文部科学大臣・衆議院議員)
  • 司会・進行 谷岡 郁子(至学館大学学長)、石田 芳弘(伊達コミュニケーション研究所所長)
  • 主催 学校法人至学館 伊達コミュニケーション研究所
  • 場所 至学館大学 1000号館 12講義室
  • 対象 どなたでも
  • 受講料 無料
  • 申込 不要


講座内容
 本講座では主権者教育を目的として、児童虐待防止法などの議員立法やスポーツ振興等で活躍する
元文部科学大臣 馳浩衆議院議員を招き、政治のしくみなどについて講演いただきます。

伊達コミュニケーション研究所
6月1日(木)~
7月6日(木)
毎週木曜日
10:30~11:30
(計6回)
『親子キッズビクス(第1段)』
「親子で体をうごかしながらコミュニケーションを図りましょう。」
  • 講師 牛江 牧子(元保育士)/内田 智子(健康科学部こども健康・教育学科助教)
  • 場所 大府市自然体験学習施設 『二ツ池セレトナ』(大府市横根町名高山88-1)
  • 対象 2歳から3歳の子どもと保護者
  • 受講料 600円(教材・記念品代)初回のみ
    ※申し込みは二ツ池セレトナまで(0562-44-4531)


講座内容
 2歳児、3歳児を対象に、親子体操教室を開催します。大府市在住の小さな子どもを育てるお母さんとお子さんがコミュニケーションを図りながら、親子の健康や子どもの発達を促進するための「エアロビック体操」を一緒に楽しみましょう。

9月21日(木)~
10月26日(木)
毎週木曜日
10:30~11:30
(計6回)
『親子キッズビクス(第2段)』
「親子で体をうごかしながらコミュニケーションを図りましょう。」
  • 講師 牛江 牧子(元保育士)/内田 智子(健康科学部こども健康・教育学科助教)
  • 場所 大府市自然体験学習施設 『二ツ池セレトナ』(大府市横根町名高山88-1)
  • 対象 2歳から3歳の子どもと保護者
  • 受講料 600円(教材・記念品代)初回のみ
    ※申し込みは二ツ池セレトナまで(0562-44-4531)

講座内容
 2歳児、3歳児を対象に、親子体操教室を開催します。大府市在住の小さな子どもを育てるお母さんとお子さんがコミュニケーションを図りながら、親子の健康や子どもの発達を促進するための「エアロビック体操」を一緒に楽しみましょう。

伊達コミュニケーション研究所シンポジウム
9月3日(日)
13:00~16:00
『新しい祭コミュニティをデザインする』
(第5回日本の祭シンポジウム)
  • 講師 谷岡郁子(至学館大学学長)他
  • 主催 学校法人至学館 伊達コミュニケーション研究所
  • 共催 あいち山車祭日本一協議会(愛知県教育委員会)、コミュニティ政策学会
  • 後援 文部科学省、全国山・鉾・屋台保存連合会
  • 場所 名古屋市 ルブラ王山(名古屋市千種区覚王山通8-18)
  • 対象 どなたでも
  • 受講料 無料
  • 申込 不要

講座内容
 至学館大学の谷岡郁子学長を中心に、オリンピック選手との対談を通して、オリンピックの原点と祭りとの関係を論じ、祭の実践者、コミュニティ学者、観光関係者等と一緒になって新しい祭りコミュニティのデザインを提案する。
日本の祭シリーズ
  • 対象 どなたでも
  • 受講料 無料
  • 申込 不要

「講座内容」
 祭は神社の例大祭であり、その神社はもともと故郷の氏神や産土神を祀ったのが、歴史の経過とともに、神仏習合や色々な由来の神を祀るようになりました。でも、故郷の先祖神に出逢うのが祭の原点です。その原点に返り、古き祭を尋ねることにより、現今のグローバリズムの嵐の中、ローカリティへの回帰と、コミュニティの復権を考えるのが本講座の目的です。
5月14日(日)
13:30~15:00
『愛知・岐阜・三重の祭を語る』
  • 講師 都築真(伊達コミュニケーション研究所客員研究員)
  • 場所 豊田市足助 足助交流館
10月22日(日)
13:30~15:00
『からくり人形の魅力』
  • 講師 玉屋庄兵衛(伊達コミュニケーション研究所客員研究員)
  • 場所 中津川市 加子母公民館
10月29日(日)
13:30~15:00
『日本の祭から学ぶ日本人の生き方』
  • 講師 石田芳弘(伊達コミュニケーション研究所所長)
  • 場所 小牧市 小牧市中部公民館
11月19日(日)
13:30~15:00
『からくり人形の魅力』
  • 講師 玉屋庄兵衛(伊達コミュニケーション研究所客員研究員)
  • 場所 飛騨市古川町 飛騨市文化交流センター
12月10日(日)
13:30~15:00
『宗教者から見た日本の祭の意味』
  • 講師 三輪隆裕(伊達コミュニケーション研究所客員研究員)
  • 場所 大府市 大府市歴史民俗資料館
1月14日(日)
13:30~15:00
『日本の祭から学ぶ日本人の生き方』
  • 講師 石田芳弘(伊達コミュニケーション研究所所長)
  • 場所 蟹江町 蟹江中央公民館分館
鳴海中日文化センター・特別講演

  • 主催 鳴海中日文化センター 
  • 協力 学校法人至学館 伊達コミュニケーション研究所
  • 場所 鳴海中日文化センター (名古屋市緑区鳴海町字向田95 リベスタ鳴海1F)
  • 対象 どなたでも
  • 受講料 2,700円
  • 申込 要(鳴海中日文化センター(0120-538-763))

「講座内容」
 日本の祭の伝統と歴史について様々な角度から考察する。古くから伝わる祭をよく観察するとすべての祭に通底する日本人の遺伝子が見えて来る。それはまた地域コミュニティの絆ともなっている。東日本大震災以降の新しい日本人の生き方を祭の中から学ぶ。
7月2日(日)
13:30~15:00
『祭から見えてくる日本人とは』
  • 講師 石田芳弘(至学館伊達コミュニケーション研究所所長)

※詳細は、下記フリーダイヤルまでお問い合わせ下さい。
問い合わせ先 鳴海中日文化センター(0120-538-763)

日本の祭

    • 主催 鳴海中日文化センター
    • 協力 学校法人至学館 伊達コミュニケーション研究所
    • 場所 鳴海中日文化センター (名古屋市緑区鳴海町字向田95 リベスタ鳴海1F)
    • 対象 どなたでも
    • 開講日 第4土曜日 15:30~17:00 
    • 受講料 14,904円(6ヵ月分)
    • 持ち物 筆記用具
    • 申込 要(鳴海中日文化センター(0120-538-763))


    「講座内容」
    昨年、全国33の祭がユネスコ無形文化遺産に登録され、愛知県には最多の5つがあります。また、県内は420以上の山車が現存しております。愛知県は祭の宝庫です。
    宗教・歴史・からくりなどそれぞれの専門家を招き、祭の原点を考え、昨今のグローバリズムの嵐の中、ローカリティの回帰とコミュニティの復権を考えます。6ヵ月講座。

    7月22日(土)
    15:30~17:00
    『コミュニティーと祭~祭から学ぶ日本人の生き方』
    • 講師 石田芳弘(至学館伊達コミュニケーション研究所所長)
    8月26日(土)
    15:30~17:00
    『祭の心~宗教家が語る祭』
    • 講師 三輪隆裕(日吉神社宮司)
    9月30日(土)
    15:30~17:00
    『愛知の祭~写真家が語る祭』
    • 講師 都築真(公財・日本広告写真家協会正会員)
    10月28日(土)
    15:30~17:00
    『古代人の祭~古墳に宿る古代人の思想』
    • 講師 赤塚次郎(NPO・古代邇波の里・文化遺産ネットワーク理事長)
    11月25日(土)
    15:30~17:00
    『からくり人形が面白い~ものづくりの源流』
    • 講師 溝口正成(NPO・からくりロボット理事長)
    12月23日(土)
    15:30~17:00
    『都市祝祭~イベントと祭』
    • 講師 織田正太(公財・にっぽんど真ん中祭り文化財団評議員)

    ※9月は23日が休講日のため5週目の30日が受講日となります。
    ※日程・内容は都合により変更となることもあります。

    ※詳細は、下記フリーダイヤルまでお問い合わせ下さい。
    問い合わせ先 鳴海中日文化センター(0120-538-763)

    ※中日文化センターへ初めてご入会される方は、別途入会金(3,780円)が必要です。

    第16回愛知山車まつり保存協議会 研修会

    • 主催 愛知山車まつり保存協議会 
    • 共催 学校法人至学館 伊達コミュニケーション研究所
    • 場所 東海市芸術劇場 (東海市大田町下浜田137番地(ユウナル東海内))
    • 対象 どなたでも
    9月16日(土)~
    10月1日(日)
    『写真展示』
    • 場所 東海市芸術劇場 2階アートスペース、4階ギャラリー
    9月30日(土)
    10:45~11:45
    『研修会基調講演』
    • 場所 東海市芸術劇場 4階大ホール
    • 講師 デン真(伊達コミュニケーション研究所客員研究員)
    犬山市民総合大学

    • 主催 犬山市 
    • 共催 学校法人至学館 伊達コミュニケーション研究所
    • 場所 犬山国際観光センター2階多目的研修室1・2 (犬山市松本町4-21)
    • 対象 どなたでも
    • 受講料 2,000円(3回通し)
    • 申込 要(犬山市文化スポーツ課(0568-44-0353))

    「講座内容」
     犬山市では学ぶ喜びを感じてもらうため「いつでも」「どこでも」「誰でも」学ぶことができる生涯学習講座を開催しています。ユネスコ無形文化遺産に登録された犬山祭などの伝統的な祭りについて、様々なアプローチで分かりやすく掘り下げていきます。
    11月18日(土)
    10:00~11:30
    『コミュニティ消滅と祭り~今こそローカリズム~』
    • 講師 石田芳弘(伊達コミュニケーション研究所所長)
    12月2日(土)
    10:00~11:30
    『祭りとタブー~祭りと縄文の心~』
    • 講師 三輪隆裕(伊達コミュニケーション研究所客員研究員)
    12月16日(土)
    10:00~11:30
    『からくり人形が面白い!~職人気質に神宿る~』
    • 講師 玉屋庄兵衛(伊達コミュニケーション研究所客員研究員)
    主権者教育に関する公開討論会

     至学館大学は、平成28年2月4日、大府市と「若者の選挙啓発に関する協定」を締結して以来、全学的に主権者教育に取り組み、学内期日前投票所の設置・運営、学内外での選挙啓発活動などを実施しています。そのようななか、伊達コミュニケーション研究所は、昨年の2月に「大府市長選公開討論会」、5月に「参院選候補者討論会」、12月に「地方議員との公開討論会」と、3回の公開討論会を開催しました。今年度も3回ほど公開討論会を実施する予定です。日時等については現在調整中のため、本学ホームページ http://www.sgk.ac.jp/social/openclass/ 又は、地域の公民館等での掲示にてご確認ください。

    大学連携講座

    『レッツウェルエイジング(運動・栄養・休養)』

    • 主催 至学館大学健康科学研究所
    • 共催 名古屋市教育委員会
    • 場所 イーブルなごや(名古屋市女性会館)第1・2集会室(〒460-0015 名古屋市中区大井町7-25)
    • 対象 15歳以上(中学生を除く)
    • 定員 58名
    • 受講料 無料
    • 申込 申し込みは8月下旬から受け付けます。申し込み方法の詳細や締切日につきましては、8月下旬に発行・公開される名古屋市教育委員会生涯学習課分室の後期講座案内、生涯学習WEBナビなごや https://www.suisin.city.nagoya.jp/ をご覧ください。

    「講座内容」
     「適度の運動」「栄養バランスのとれた食事」および「十分な休養(睡眠)」は、健康の三大要素と呼ばれます。この3つの要素を、生活の中に上手に取り入れることが、健康への近道であり、健やかに老いる(ウェルエイジング)ために重要です。今回の講座では、運動、栄養、休養のそれぞれがどのように健康と関わっているか、またどのように生活に取り入れれば良いのかについて解説します。学んだ内容を家族・知人にも伝え、みんなで始めましょう「レッツウェルエイジング!」

    第1回
    10月26日(木)
    18:30~20:00

    『運動は百薬の長』
    • 講師 十枝内厚次(健康科学部健康スポーツ科学科教授)

    第2回
    11月2日(木)
    18:30~20:00

    『老化と抗酸化食品』
    • 講師 町出充(健康科学部栄養科学科准教授)
    第3回
    11月9日(木)
    18:30~20:00
    『自分のストレスの解消法』
    • 講師 笹竹英穂(健康科学部健康スポーツ科学科教授)
    健康科学研究所講演会
    6月15日(木)
    12:40~14:10
    『+10で健康長寿』
    • 講師 宮地元彦
      (国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所 身体活動研究部 部長)
    • 場所 至学館大学 1000号館 12・13講義室
    • 対象 一般の方と至学館大学の学生・教職員
    • 受講料 無料
    • 申込 不要

    講座内容
     2013年厚労省から、「健康づくりのための身体活動指針(アクティブガイド)」が発表された。系統的な文献レビューや国民健康・栄養調査の結果などに基づき、「今より1日10分余分に動く(+10:プラス・テン)」という考え方を国民に提案している。+10により、早世や生活習慣病、認知症やうつ、運動器障害のリスクを低減する効果が期待される。+10の健康寿命延伸における意義と、取り組みの工夫について解説する。
    おおぶ元気創造大学

     大府市と協働で開催している市民大学講座
     お問合せは、大府市保健センターまで(0562-47-8000)

    • 場所 至学館大学 2001号館 N401講義室
    • 対象 一般の方と至学館大学の学生・教職員
    • 受講料 無料
    • 申込 不要
    9月7日(木)
    12:40~14:10
    『自分のストレスの解消法』
    • 講師 笹竹英穂(至学館大学健康科学部健康スポーツ科学科教授)

      【講座内容】心にもやもや溜まっているストレスが一瞬で消える魔法の杖はありません。しかし、ストレスとの「付き合い方」を工夫すれば、少しは気持ちが楽になることもあります。この講座では、ストレスが体に及ぼす影響を実感し、ストレスとの「付き合い方」のいくつかを体験的に学んでいきます。簡単で楽しめる体験学習を中心に行いますので、動きやすい服装でご参加ください。
    12月7日(木)
    12:40~14:10
    『体づくりにおける運動と栄養の役割』
    • 講師 村上太郎(至学館大学健康科学部栄養科学科教授)

      【講座内容】元気に過ごすためには、ちょっと転んだくらいでは壊れることのない丈夫な体が必要です。骨や筋肉は食事に含まれる成分と自分の体が分解されてできた成分の両者からつくられますが、運動は骨や筋肉がつくられる過程を刺激してくれます。また、両者を上手に組み合わせることにより骨や筋肉が効率よくつくられることがわかってきました。講座では骨と筋肉を上手に増やすための最新の科学についてお話しします。

    ※10月以降に予定されている公開講座の日程・内容等は変更される場合があります。

    みなさまのご参加をお待ちしております。
    問い合わせ先 至学館大学附属図書館 
    TEL 0562-46-1239 
    FAX 0562-46-3860

    page
    top