大学院 健康科学研究科

建学の理念のもと、健全で豊かな社会の構築に
貢献できる高度な専門性を身につける

大学で学んだことを、さらに専門的に追求する大学院。「人間力の涵養」という本学園の建学の理念のもとに、高度な知識や能力はもちろん、より健全で豊かな社会の構築に貢献できる「人間力の形成」を理念としています。「運動」「栄養」「休息」それぞれに主軸をおき、健康・運動づくりのリーダーを養成しています。

教育内容と特色

本研究科のカリキュラムは、健康・スポーツ科学コース、健康・スポーツマネジメントコース、健康栄養コース、スポーツ栄養コース、こども健康・教育コースの5つの履修モデルコースを念頭に構成されています。
この履修モデルコースでは、健康運動・スポーツ科学の高度な知識と技術を
有する体育教師、コーチ、インストラクター、トレーナー、栄養学の高度な知識と実践力を有する管理栄養士、スポーツ栄養士、臨床栄養士、レクリエーション指導者などの育成を目指しています。

教育目標

健康の保持・増進を図るための高度な専門知識と
実践力及び人間力を身につけた有能な健康指導者を養成する

目指す進路

  • 体育教諭
  • 管理栄養士
  • メンタルトレーナー
  • スポーツトレーナー
  • スポーツ栄養士
  • スポーツインストラクター
  • 臨床栄養士

履修モデルコース

  • 健康・スポーツ科学コース
    高度な健康科学の知見に基づいて,対象者の年齢や体力に合わせて適切に健康指導ができる能力や,競技能力を向上させるための理論や技術に基づいて,適切なスポーツ指導ができる能力を身につける。
  • 健康・スポーツマネジメントコース
    健康・スポーツ産業分野において必要とされるマネジメントの高度な専門知識に基づいて,健康・スポーツ事業を効果的に展開できる実践力を身につける。
  • 健康栄養コース
    高度な臨床栄養や食品科学の知見に基づいて,対象者に応じた適切な栄養指導ができる実践力を身につける。
  • スポーツ栄養コース
    高度なスポーツ栄養学の知見に基づいて,スポーツ選手に応じた栄養管理プログラムの作成・実施・評価ができる総合的なマネジメント能力を身につける。
  • こども健康・教育コース
    体育や健康教育,食育の高度な専門知識に基づいて,心身ともに健全な発達に向けて子どもを指導できる能力を身につける。
page
top