健康科学部 健康スポーツ科学科

理論と実践を身につけた、
明るく元気な健康リーダーになる

いくつになっても豊かな活力をもち、健康的な生活を送ることができる。人にとって本当の幸せは、そこに尽きるといえるでしょう。そのためには「運動」「栄養」「休養」のすべてがバランスよく保たれることが必須。健康スポーツ科学科ではこの3つの柱を軸に、専門知識と実践力を生かして健康をサポートできるプロを育てています。

教育内容と特色

健康・運動・スポーツの分野で、真に信頼される指導者の育成を目指し、本学科では学生自身が自らの体で取り組んでいくユニークな実技科目、演習科目、実習科目を数多く開講しています。また「健康・スポーツ・体育」の基礎となる科学的知識を身につける科目も充実。理論と実践の両面から、リーダーシップあふれる指導者を育てていきます。
就職・資格面では、中学校教諭1種免許状(保健体育)・高等学校教諭1種免許状(保健体育)のほか、健康や体力づくり、スポーツやトレーニングに関する高度専門資格取得への支援制度が充実。数々の専門技能を武器に、教育、インストラクター、リハビリ・トレーナー、介護職から一般職まで多彩な進路が開けています。

教育目標

健康の保持・増進のための運動・スポーツの指導者として
豊かな人間性と高度な専門知識を身につけ、
全ての人々の健康実現に寄与・貢献できる人間力の育成

目指す進路

  • 中学校・高校教員(保健体育)
  • インストラクター
  • スポーツ関連企業
  • 健康運動指導士
  • スポーツ指導者
  • 障がい者スポーツ指導員

設置専修

  • スポーツコーチング専修
    スポーツ選手の育成を科学的指導によって実現する高度で専門的な知識と指導力の修得を目指します。
  • ヘルスエクササイズ専修
    幼児から高齢者に至る各年代の適切な健康づくり運動に関する高度で専門的な知識と技能を修得することを目指します。
  • スポーツプロデュース専修
    年齢、性別および障がいの有無等を考慮してさまざまな人の運動・スポーツを側面からサポートする専門知識と技能の修得を目指します。
page
top