学費・奨学金 日本学生支援機構奨学金制度(高等教育修学支援新制度を含む) 

日本学生支援機構は、国の育英奨学事業を司る公的機関です。人物・学業ともに優秀で、かつ健康でありながら経済的理由により修学困難な学生に対し、学費の貸与(無利子・有利子)及び給付を行っています。
毎年4月(給付奨学金(高等教育修学支援新制度を含む)は秋にも募集あり)に募集を行っており、新入生だけでなく全学年の全学生が対象となります。
なお、家計の急変(家計支持者の失業、破産、事故、病気、死亡等、または火災、風水害)に対しては緊急・応急として対応できる場合がありますので、学務課学生支援部門へ相談してください。

日本学生支援機構の貸与奨学金は、第一種奨学金(無利子)、第二種奨学金(有利子)がありますが、
いずれも貸与であり、返還の義務があります。                         
申請を希望する方は、家庭の経済状況や将来の返還の計画を考慮のうえ申し込んでください。    

令和4年度 日本学生支援機構奨学金の募集<在学定期採用(二次採用)>
(高等教育の修学支援新制度含む)

 新たに奨学金の貸与・給付(高等教育の修学支援新制度含む)を希望される方は、期間内に必ず学務課学生支援部門の窓口にて必要書類を受け取り、手続きを行って下さい。
※ 必ず事前に日本学生支援機構奨学金の制度概要や申込み手続き等の動画による案内(以下、URL)を視聴してください。

動画はこちら↓
https://www.jasso.go.jp/shogakukin/moshikomi/zaigaku/flow.html


【手続期間と初回振込日】

書類の受け取り・説明
(学務課学生支援部門窓口)
スカラネット
入力期限
マイナンバー
提出期限
初回振込日
10月7日(金)まで 10月21日(金) 10月31日(月)必 着 12月 9日(金)

注1)窓口での説明は、15分程度要します。
注2)高等教育の修学支援新制度による授業料減免のみを希望される方は、窓口にその旨を必ず伝えてください。

奨学金に係る問合せ先:学務課学生支援部門 0562‐44‐1374

給付奨学金「在籍報告(令和4年10月)」の入力について

給付奨学金採用者は、「在籍報告」の提出(入力)手続きをインターネット(スカラネットPC)から、入力期間内に行ってください。
・未提出のまま提出(入力)期間が過ぎると、給付奨学金の支給が止まります。
・休学中等により給付奨学金の支給が止まっている方も手続きが必要です。
・偽りその他不正の手段によって支給を受けた場合は、受給した給付奨学金を返金することになります。

■在籍報告の入力期間 : 令和4年10月3日(月)~10月7日(金)厳守

■スカラネットPS https://scholar-ps.sas.jasso.go.jp/mypage/

「在籍報告(兼通学形態変更届)」の提出手続きリーフレット(入力準備用紙)は、以下よりダウンロードしてください。

 【新制度】「在籍報告(兼通学形態変更届)」の提出手続き(リーフレット(入力準備用紙)) 

 学務課学生支援部門 0562-44-1374

page
top